このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。(C)JA AGURIN YAMAGATA All rights reserve
あぐりんくんのおいしいレシピ集
 

「もとさわ青菜漬」レシピ集。
青菜漬けシーズンは11月〜2月。ですが他の季節にも味わい!という方のために3月〜10月には山形菜(冷凍青菜のしょうゆ漬け)を販売しております。いつでもお試しいただけるレシピ集です。


 ▲青菜漬けのご注文はコチラから

 
●青菜おにぎり
青菜おにぎり
ふるさとの味わい豊かな素朴なおにぎり2種。


●作り方
(4人分)


@米は炊飯しむらす。
A半量のご飯を三角ににぎり水気を切った青菜漬(もしくは山形菜)を切らずに広げて、包み込むように青菜漬けで巻く。
B形を手でととのえて出来上がり。


@米は炊飯しむらす。
A半量のご飯を器に移し、みじん切りした青菜漬けを入れ混ぜ合わせる。
B三角にご飯をにぎり、ごまと塩少々を加えて出来上がり。

   
 
●青菜入り菊寿司
青菜入り菊寿司
青菜漬の刻み方は粗めでOK、具はこだわらず何でも混ぜて。


●作り方
(4人分)

@米は精米後、目盛り通りに水を入れ、昆布も入れて30分〜1時間置き、普通に炊く。合わせ酢は混ぜ合わせておく。

A青菜漬けはさっと洗って長さを3等分にし、縦に4等分に切ってからさらにみじん切りにし水気をよく絞っておく。鮭フレークはほぐしておく。菊は花びらをむしり、酢少々を加えた沸騰湯でさっと茹でて、ザルに上げて流水で冷まし、水気をよく絞り、Aをもみこむようにして、ほぐしておく。

Bご飯が炊き上がったら昆布を取り出し、ボウルか飯台に移して合わせ酢を回しかけ、切るように混ぜて扇いで冷まし、人肌になったら具をすべて混ぜ込む。

 
 
●えびと卵のふんわり炒め
えびと卵のふんわり炒め
青菜漬の歯触りと卵のふんわり感が絶妙な好相性。


●作り方
(4人分)

@えびは下ごしらえをし、2つに切り、Aの下味をつけておく。卵はよく溶きBを入れて混ぜ合わせておく。青菜漬けはさっと洗い長さを3等分に、縦に4等分し、さらに1センチ幅に切る。

Aフライパンに油の半量を入れて強火で熱し卵液を一気に流し入れ手早く大きく混ぜ、ふんわりとしてきたら取り出しておく。

B再びフライパンに油の半量を熱し、えびをよく炒め、色が変わったら青菜漬けを炒め合わせ、酒しょうゆをふり、パラリとする位まで炒める。最後にAの卵を戻し入れすぐに軽く塩、こしょうをして火をとめる。
 
 
●豚肉とたけのこ、しいたけ中華風
豚肉とたけのこ、しいたけとの中華風炒め
青菜漬けが中華風おかずに、白いご飯にぴったり。


●作り方
(4人分)

@豚肉は細切りに、生しいたけは、4〜5ミリ幅の薄切りにし、たけのこは少し太めのせん切りにする。青菜漬けはさっと洗って長さを3等分にしてから縦に4等分に切り、さらに1センチに切り水気を絞っておく。Aはあらかじめ混ぜ合わせておく。

Aフライパンに油を中火で熱し、豚肉を炒める。色が変わってきたらたけのこ、しいたけを炒め合わせ、少ししたら長ネギも炒め合わせる。最後に青菜漬けを入れさっと炒め合わせたらAをまわし入れて少しの間火にかける。しょうがを加えて水溶き片栗粉でとろみをつけたらごま油少々を入れ、火をとめる。


 
 
●青菜漬入り茶漬け
青菜漬入り茶漬け
自然と食欲が湧いてくる不思議なお茶漬け。


●作り方
(4人分)

@米は炊飯しむらす。
A青菜漬けは、みじん切りにして塩、ごまをまぶす。
Bごはんを茶碗に入れて、上にAをふりかけて、温かいお茶を8分目位まで注ぐ。
C香りづけにゆずを細かく切ったものをそえる。

ごまを多めに入れると、香ばしくて美味です。お茶は緑茶のかわりにほうじ茶を注ぐと香ばしく、また違った風味が味わえます。ぜひ試してみてください。古いごまは炒って使うと香ばしさがよみがえります。


 
 
●青菜納豆
青菜納豆
青菜漬の辛味が、アツアツのご飯によく合う。


●作り方
(4人分)

@米は炊飯しむらす。

A青菜漬けはみじん切りにして、納豆と混ぜて塩、しょうゆ、ねぎを入れて良くかきまぜます。

Bご飯を茶碗によそい、Aをのせる。

お好みで、ねぎや大葉、だいこんおろし、バターなどを加えてもおいしくいただけます。また夏にはみょうがなど季節に合わせて楽しむのもよりいっそうおいしく味わうポイントです。


 
●青菜チャーハン
青菜チャーハン
青菜の食感と、ふっくら卵が絶妙なバランス。


●作り方
(4人分)

@米は炊飯しむらす。

A青菜漬けはさっと洗って、長さを3等分にし、縦に4等分に切ってからみじん切りにし、水気を切っておく。

Bフライパンに油半量入れ熱し、卵液を一気に流し入れる。手早く大きく混ぜて別の器に移す。

C青菜漬けとご飯を炒め合わせAをふりかけてパラリとなるまで炒める。
最後にBの卵を戻し入れ、軽く塩、こしょうをして出来上がり。


 
 
●くきな煮
くきな煮(青菜炒め)
シャキシャキとした肉厚の歯ごたえ、食卓の名脇役。


●作り方
(4人分)

@青菜漬けは1cmほどのざく切りにする。

A大きい鍋にたっぷりの水を入れ@を水煮にする。

BAをザルにあけ、新しい水につけて塩抜きをする。

CBを少し塩気を残した状態でザルにあけ水気を取る。

D鍋に油を熱しCを入れて炒め、砂糖、しょうゆ、みりん、種を取って輪切りにした赤唐辛子を加えて煮る。
最後のしょうゆの量は味を見ながら加減する。

 
 

 ▲菊の香のご注文はコチラから
「菊の香」麺シリーズレシピ集
麺どころ「山形」の食用菊の生産量は全国1位です。 香りのよい高級菊を、自慢の麺に練りこんでつくったのが菊入り麺「菊の香」です。上品な菊の香りと、つるっとしたのどごし、ほどよいコシがある新しい食感の麺で和食・洋食問わず、冷やしても、温めてもおいしくいただけます。
 
         
●なめこおろしうどん
なめこおろしうどん
山形特産のなめこをたっぷり乗せて。

●作り方

@つぼみで小ぶりのなめこをサッと水洗いし、鍋に移します。
A酒と醤油で調味し、軽く火を通します。
B別の鍋で麺を茹でます。
Cどんぶりにめんつゆと茹であがった麺を入れAのなめこを
のせます。
D刻みのりや彩のみつば等をのせます。
E食べる直前に大根をおろし、水気を切ってよそおいます。
めんつゆは温かくしても冷たくしても、さっぱりおいしくいただ
けます。


 
 
●山形牛肉のうま煮うどん
山形牛肉のうま煮うどん
コクのある柔らかい山形牛肉とさっぱり麺がおししく調和します。

●作り方

@山形牛の薄切り肉200gを小口切りにし、みりん醤油で甘
辛く炒めます。
A鍋で麺を茹でます。
B別の鍋でめんつゆを作ります。
Cどんぶりにつゆと茹で上がった麺、炒めた牛肉を盛り付け
ます。
お好みで刻んだねぎや、炒りゴマ等で味をととのえます。


 
 
●トマトたっぷりパスタ風うどん
トマトたっぷりパスタ風うどん
コシのある麺だからイタリアンにアレンジしても美味。

●作り方


@皮を湯むきしたトマトを冷やして一口大に切ります。ツナ缶
と刻みバジルと和えオリーブ油で調味します。
A茹でた麺を冷水にあげ、良く水気を切ります。
B皿に麺をよそおい@のソースをかけます。お好みでタバス
コなどのスパイスをかけます。


 
 
●山形名物「だし」のざるうどん
山形名物「だし」のざるうどん
新鮮野菜のだしが食欲をさそいます。

●作り方


@きゅうり、なす、青じそ、茹でたおくら、みょうがを細かく刻ん
で和わせ、だしを作ります。
A鍋で麺を茹でます。
B器にめんつゆを注ぎ、@のだしを加えて麺をつけていただ
きます。


 
 
●ゴーヤのそうめんチャンプルー
ゴーヤのそうめんチャンプルー

●作り方


@苦瓜(ゴーヤ)は縦割りにし、ワタと種をスプーンでこそげ
取ってから千切りに、塩をふってまぶしておく。
A塩こしょうで味をつけた卵を炒め、いったんとりだす。その
後に苦瓜を炒め、色あざやかになったらそこにゆでたそうめ
んをくわえて炒める。
B塩、こしょう、しょうゆで味をととのえ、卵を戻し入れ、かつ
おぶしをのせる。


 
 
●ぶっかけ梅おろしそうめん
ぶっかけ梅おろしそうめん


●作り方


@種を取り除いた梅干を粗く叩き、すりおろして汁を軽くきっ
た大根と混ぜ合わせる。
Aめんつゆを冷水で割り、薄めのかけつゆを作る。
Bゆでて冷やしたそうめんにかけて、梅おろしをのせる。



 
 
●冷製トマトそうめん
冷製トマトそうめん


●作り方

@湯むきして粗く刻んだトマトに、叩きつぶしてすり鉢でペー
スト状にしたにんにくと塩、黒挽きこしょう、しょうゆ、オリーブ
油を合わせる。
Aゆでたそうめんを冷やし、その上に@をのせ、最後に青じ
その千切りを散らす。



 
 
●あったかにゅうめん
あったかにゅうめん


●作り方

@めんつゆとしょうゆで、少し濃いめのかけつゆを作る。
Aゆであがった麺の上に、みりん醤油で甘辛く煮た牛肉をの
せて盛り付ける。
Bお好みでさらしねぎや大葉、下ゆでしたきぬさやなどを盛
り付ける。


 

 

      

 

 

 

 

 
 料理研究家・武蔵裕子先生による、あぐりん商品のレシピを紹介します。お漬物を使った面白い調理法など、なかなか他では味わえものが盛りだくさん!試してみてね!  
    武蔵裕子

プロフィール●旬を大切に和食を中心にしたアレンジが得意。 料理書の執筆、企業の商品開発への助言から雑誌、テレビなどと多方面で活躍。
近著「昔ながらのお母さんの味」(主婦の友社)、「魚焼きグリルでおかずおつまみ」(千趣会)など